ライトウェイト・プログラマのためのiPhoneアプリ開発ガイド

この本は近所の本屋にあったので、購入したのですが・・・。

アマゾンのレビューがあまりよくないですね(笑)

たしかに読みながらいろいろやってて、言葉足らず的なところもあるようですが、ある程度プログラムをかじってきた方にはそんなに解りにくい本ではないと僕は思います。

でももっと誰にでもわかりやすい入門書がたくさんあるのかもしれない。

最近ヘビーウエイト・プログラマな僕はこれ見ながら、とりあえずは自作アプリを自分のiPhoneにインストールできました(笑)

まだ途中までしか試していないので、これで一通りアプリ作ったら、次に新しい本探してみます。

ライトウェイト・プログラマのためのiPhoneアプリ開発ガイド

入門 Objective-C 2.0

昨年にiPhone app プログラミングの勉強のため購入しました。

MacOSXとiPhoneアプリの制作のための基礎知識を解説してあります。

この本だけではアプリを制作できないのですが、Objective-Cを理解する上で大切なことが書かれています。

この本を読んで、NSlog()のプレフィックスが「cocoa」ではなく「NS」なのはNextSTEPの略だと知りました。

そのおかげで他のプログラム言語と対比しやすくなり、Objective-Cに対する理解をより深めることができました。

Xcodeのバージョンが3.2になってこの本に表記してあるGUIと若干の違いがありますが、注意よく読めば大変ためになる本です。

入門 Objective-C 2.0 (Programmer’s SELECTION)