Windows7のSafariの表示をMacのSafariのように設定してみる

Windows版のSafariはMac版のように表示が美しくないのはなぜ?

それぞれのOSのフォントの問題が影響していると思うのですが、今回はSafariの設定や自分のサイトのCSS等でMac版Safariの表示の美しさに近づけてみたいと思います。

まず初めにMac版Safariでみたこのブログの画像です。これを基準に近づけていきたいと思います。

macsafari

続いて右側がIE9での表示。左側がWin版Safariの表示画像です。下はSafariの設定画面です。

winsafari1

見てのとおり「MS Pゴシック」がギザギザで美しくありません。では少し設定を変えてみましょう。左上の歯車のアイコンから「設定」を選んで、さらに「表示」を選んでください。「フォントの滑らかさ」という項目があります。これを「弱」に変更したものが次の画像です。

winsafari2

右のIE9と比べてみてください。フォントが滑らかになってます。Mac版と表示を比べながら設定したのですが、「中」や「強」だとボールド感が強すぎるようです。「弱」が一番近いと思います。しかし標準フォントを「メイリオ」に指定しているのに変わらず「MS Pゴシック」のようです。このブログはCSSで和文フォントの指定をしていませんでしたので、「font-family」に「メイリオ」を追加してみました。それが次の画像です。

winsafari3

右のIE9と左のSafariともにフォントが「メイリオ」に変わりました。ですがアンチエイリアスがかかってる分、Safariの方が表示が美しいです。Mac版Safariと全く同じにはなりませんでしたが、「メイリオ」はVistaから採用された美しいフォントですので、最初の「MS Pゴシック」のギザギザ感に比べたらかなり表示が美しくなったのではないでしょうか?

今回の設定は閲覧するサイトが「MS Pゴシック」に指定されていたら、あまり意味はありませんが、自分のサイトやブログくらいはWin版Safariで美しく表示できるので、若干のストレス解消にはなりました。Win版Safariの表示が気に入らないMacユーザの方はぜひお試しください。

最後にMacユーザの貴方へご質問です。

貴方が使っているSafariは、金のSafariですか?それとも銀のSafariですか?

金のSafariはコチラからダウンロードできます。

MODxのeFormでリファラを取得してみた。

MODx 1.0.5J-r3
eForm 1.4.4.6

MODxでリファラの取得方法を調べたが見つからないので、作ってみました。

まず2つのスニペットを用意します。

1つめのスニペット [[get_referer]]


<?php
if(! isset($_SESSION['ref'])){
$_SESSION['ref'] = $_SERVER["HTTP_REFERER"];
}
?>

2つめのスニペット [[echo_referer]]


<?php
$referer = $_SESSION['ref'];
echo $referer;
?>

テンプレートの1行目にスニペット [[get_referer]] を追加。


[[get_referer]]
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />

入力フォームのチャンク {{ContactForm}} に スニペット [[echo_referer]] を追加。


<input type="hidden" name="referer" id="referer" value="[[echo_referer]]"
 eform="::0::" />
<input type="submit" name="contact" id="cfContact" class="button"
 value="送信する" />
</fieldset>
</form>

チャンク {{ContactFormReport}} に [+referer+] を追加


ウェブサイトの問い合わせフォームからの送信です。

--------------------------------------------------------
お名前 : [+name+] さん
Email :  [+email+]
件 名  :  [+subject+]
内 容  :
[+message+]
--------------------------------------------------------
リファラ  :  [+referer+]

これでリファラが取得できるようになりました。